専門家に相談

売掛金の回収を考えている際は、必ず弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。回収されない債権をこのまましていても、一向に状況は改善されません。なるべく早く弁護士に相談して、何とか売掛金を回収してもらうようにしてください。個人では難しい交渉はもちろん、いざというときは訴訟まで対応してくれるので、多少時間はかかるかもしれませんが、確実に売掛金を回収し、こちらの損失を最小限に抑えることができます。

売掛金を回収できるかどうかは、弁護士をはじめとする専門家のサポートにかかっています。弁護士以外にもサービサーに依頼する方法もありますが、使える条件などが異なるので、状況に応じた使い分けを意識しましょう。初めて利用する際は、なるべく多くの弁護士などに相談してみて、市場認証が良いところを選ぶと、安心して問題解決に取り組んでもらいやすくなるでしょう。

売掛金の回収は、自分たちでもある程度は行えるとも言われていますが、実際には債務者と直接話し合うことはそれほど多くありません。当事者同士では話がこじれることも多いですし、人間関係にも少なからず影響を与えます。そうしたことも考慮して、第三者を介して回収を行うことは非常に重要です。債権回収で問題を起こさないよう、弁護士やサービサーなど、債権回収に関連する事務所や企業などをチェックしておきましょう。

回収の方法

売掛金にまつわるトラブルといえば、ほぼ決まって未払いの発生です。債務者が売掛金の支払いを行わないと、当然その分の負担はこちらが被ることとなります。売掛金は2年間の時効が存在するので、踏み倒されるという最悪の事態を回避するためにも、なるべく早く解決する必要があります。売掛金にまつわるトラブルを解決したいときは、弁護士などの専門家にも相談しておきましょう。

売掛金の回収を行う際は、弁護士をそばに置くだけで、スムーズに話が進みます。当事者間での話し合いに応じなかった場合も、間に弁護士を挟むことで、債務者にとってはプレッシャーとなり、支払いに応じる可能性が高くなります。もしも支払い能力が完全になくなっていた場合、回収額の減額や分割払いなど、限界まで支払いを行ってもらうよう、調停手続きを行うことで、損失を最小限に抑えることもできます。

弁護士に相談しても、訴訟を起こすのはあくまで最後の手段です。訴訟を起こした場合準備期間も費用もかさんでいくので、基本は話し合いや調停でお互いが納得できる形での決着を目指します。弁護士に相談する際も、どういった形で回収を求めるか、相談の段階で説明しておけば、よりスムーズに回収作業も進むでしょう。

売掛金の回収について

どこかの企業と取引を結んだものの、代金は売掛金として処理された場合、後から売掛金の支払いが行われるはずです。しかし時には債務者の経済的な都合などから、どうしても返済ができなくなることもあります。そうした状況に巻き込まれると、こちらにとっても損となるので、なるべく利益を得るためにも売掛金の回収を依頼するようにしましょう。当サイトでは売掛金の回収や、回収を行う弁護士についての情報を掲載しています。

売掛金にまつわるトラブルを解決するには、回収に関する知識を持った専門家が欠かせません。売掛金のトラブルは基本的に滞納なので、それらを回収してくれる弁護士やサービサーを探しましょう。当事者が回収作業を行うこともできますが、当事者同士だと話がこじれやすいので、第三者を介したほうがスムーズに話し合いは進みます。またすべての作業を代行できるので、ほかに仕事を増やしたくないときや、精神的な負担をかけたくないときにも便利です。

売掛金が解消できるかどうかは、債務者の状況も影響します。単純な支払い忘れなどなら、わざわざ誰かに相談する必要も無いのですが、悪意があって支払いを行わない場合は、内容証明の作成から始まり、法的手段に訴えることになります。弁護士に依頼した場合は、こうした業務をまとめて肩代わりしてくれるので、多少費用はかさみますが、回収業務は楽になるでしょう。サービサーは債権を安く買い取ってから回収を行うので、全額の回収が難しく、なおかつなるべく早く売掛金を回収する必要がある際に利用するなど、状況に応じた使い分けてみてください。